≫ EDIT

週末のお約束

2018_11_1100117-HDR.jpg

写真をクリックすると拡大します。


僕も嫁さんも一年はおろか一日の行動も計画を立てずに行き当たりばったりに過ごしているので、休日は朝から何をしようかと話しているうちにだいたい昼近くになってしまう。日曜日の今日もそんな一日で、昨日の夜、画家エゴンシーレのドキュメンタリー番組を見た嫁さんがエディンバラの美術館に行きたいと話していたのだが、朝になると気が変わってエディンバラまで行くのは億劫な気分になったので、じゃあどうしようかと話すうちに昼になった。

どこかのレストランで昼ごはんでも食べに行こうかと話して家を出発したものの、雨の中の運転がお互い面倒になってしまい、結局以前住んでいたビガーの町でいつも行く喫茶店で軽食を食べることにした。住んではいないもののビガーの町は好きなので、ほぼ毎週のように何かとこの町に行くことが多い。スコットランドの田舎地方に住んでいると、近所で出かけようと言っても周りには小さな町か村が数えるほどしかないので選択肢が少ない。

ビガーでお気に入りの喫茶店CoffeeSpotで、嫁さんはアップルパイとアイスクリーム、僕はエビ唐揚げにベイクドポテトとビーンズを食べる。この店は全然気取っていないローカルな喫茶店で値段も高くないしボリュームもあるので好きだ。食事に満足して近くの金物屋さんを覗く。この店はおじさんが二人で働いていて実にいろんなものを売っていて家に必要な小物や日曜大工道具や用品なら大抵見つかる。しかも週七日間開いているので便利だ。おじさんは週一日ずつしか休みを取らないらしい。覗くつもりだけだったのだが、ガーデニングの手袋やら鳥の餌、掃除用品などを必要なものがあったので買う。ビガーで喫茶店に入ったのち、この金物屋さんで買い物をするのがこの一年くらいの週末の行動パターンになっている。

とりあえず外出もしたし満足したので自宅へ戻る途中、雲の切れ間から光と雨が入り混じった綺麗な景色が見えたので、眺めの良い高台に車を止めて少し写真を撮る。上がその一枚。自宅に戻りソファーでくつろいでいるとまだ午後四時だというのに外は暗くなってしまう。最近増えすぎたレンズやカメラを整理するために、使わないものをeBayで売ることにしたのでそのブツの写真撮影をする。これも最近の週末の定番行動となっている。そんなこんなで夜も9時をすぎてまだシャワーを浴びていないので、さっぱりしてからウィスキーでも飲もうかな。とこれもお決まりのパターンなのであった。。

| 風景 遠望 | 06:09 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

名曲

2018_11_0800022.jpg

写真をクリックすると拡大します。


BBCで重度の学習障害を持った9歳の女の子の子育てに奮闘する家族を描いた「There She Goes」というコメディドラマがあって面白さと感動させるバランスが素晴らしくて毎週楽しみにしている。タイトルがThe La'sの名曲から来ているように毎回挿入される音楽のセンスも良くてそちらも楽しい。

今日見たエピソードでは最後の部分でTim Buckleyの名曲「Song to the Siren」のカバーバージョンがほんの少し流れた。この曲はいろんな人がカバーしているが、まだ聴いたことのない女性による繊細かつエモーショナルな素晴らしい歌声だった。

誰が歌っているのか気になって調べてみると、Wolf Aliceというイギリスの最近のバンドの女性ボーカルによるものだった。バンドはオルタナ系のようなドリームポップでもあるようななんとも説明し難い個性的な音楽で、結構激しく過激な曲も多い。このカバー曲は純粋に美しいので釣り合いがとれないからかアルバムなどには入っていないようで、現在のところSpotifyでしか聴けないようになっているらしい。YouTubeに誰かが音源をアップしているので、興味のある方はこちらから聴けます。

| 風景 自然 | 08:28 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ないものねだり

2018_10_1200068.jpg

写真をクリックすると拡大します。


紅葉もほぼ終わってこれからモノトーンの日々が続く。夏の緑の生い茂る時期は緑に飽きて、冬の枯れ木が懐かしくなるし、春の強い日差しには秋の斜めからさす光が恋しくなる。季節によって撮る対象が偏ってくるので飽きてしまい、常にその場にないものを求めてしまうようである。カメラとレンズも同じで、ズームレンズは便利だが画質がピリッとしないし、画質にこだわるとシステム全体が巨大化してくる。なかなか満足できない。常にないものねだりをしているみたいだ。

| 風景 自然 | 03:14 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

眠たい週末

2018_11_0500208.jpg

写真をクリックすると拡大します。


土曜日はスタッフの一人が体調不良で仕事ができなかった分をカバーしたため予定外に朝8時から夜10時までの長時間労働となった。そんな日の翌日はお疲れモードになるので、日曜日はせっかくのいい天気だったが、朝遅くに目が覚めて嫁さんとスーパーで買い物をしたり庭の草むしりや芝刈りをしているうちに日が暮れてしまった。嫁さんがステーキとオーブンでこんがり焼いたジャガイモに野菜を添えた晩飯を作ってくれて、それが素晴らしくうまかったのがその日一番の出来事であった。

月曜日は早起きしたが天気はいまいちで、嫁さんと近くのカフェで遅い朝食をとった後、まだ散歩したことのなかったコースを2時間くらいかけてゆっくり歩いて回る。湖の周りの森を一周したのだが、空気に霞がかかったようになっていて、十一月のもの哀しい雰囲気をさらに強調していた。家に帰り、部屋の掃除などの家事をしているうちに暗くなってしまう。僕が晩飯当番なので馬鹿の一つ覚えの定番チャーハンを作る。それなりに満足。風景も自分のアタマも霞のかかったようなパッとしない眠たい週末であった。。

| 動物 | 07:16 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

子供からお年寄りまで

2018_10_1200134.jpg

写真をクリックすると拡大します。


毎週金曜日の午後は幼児向けのダンス教室がシアター内で行われる。人気のある教室で7歳前後の子供達とその親たちが午後の間じゅうシアターのカフェエリア内を占拠するのでえらく賑やかになる。教室に通う我が子が戻るまで若いお母さんとお父さんたちはカフェで何かを飲みながらおしゃべりをしている。教室に通う子供達の兄弟姉妹もカフェ内ではしゃぎまわっているので金曜の午後は幼稚園状態になることが多い。午前中はお年寄りがくることが多いので、午前は老人クラブ、午後は幼稚園と幅広い人々が観察できて面白い。

| 風景 自然 | 03:15 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT