≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

真夏の紅葉

raw 2017_07_31 stobo00023

写真をクリックすると拡大します。


最近は暇な時間がある時は引越し先の家に行ってペンキ塗りなどをしている。今日は一日休みだったので朝から出向いてペンキ塗りを行ったが、連日やっているので疲れたのと飽きたので、気分転換に近くを歩く。例の日本庭園がすぐ隣にある贅沢な環境。もみじの木(幹にJapanese Mapleと名札があった)が七月最後の日にして早くも紅葉しかけていた。気分がリフレッシュしたので午後もペンキ塗りに勤しんだ。
スポンサーサイト

| 風景 自然 | 03:41 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ふたたび引っ越し

2015_08_26gipsy glen00038

写真をクリックすると拡大します。


ビガーに引っ越して一年少し経ってやっと落ち着いたばかりなのだが再度引っ越す事にした。何度かこのブログでも写真を載せた日本庭園のオーナーの方が持つ一軒家を借りる事にした。この一軒家は日本庭園のすぐそばにあり、一般道から離れた本当に静かな自然の中にあり、しかも職場のあるピーブルスからも車で十分と理想的な場所にある。家自体はかなりのボロ家なのだが、大きな庭とロケーションが素晴らしい。

この数週間くらいの間に唐突に決まった話なので、自分でも驚いているのだが、僕と嫁さんは時折そういう自分たちでも予測のつかない行動を思いつきでする傾向がある。そもそもスコットランドへ引っ越したのもそんな思いつきが発端だし。静かな自然の中の一軒家という環境は昔から憧れであり、こんなチャンスはそうそうないので直感的にこれはすぐに実行しなければ、と思った次第。ずっと以前沖縄に住んでいた二十代の頃も知り合いを通して、水道も通っていないやんばるの山奥の一軒家に一年間住んだ事があるのだが、感覚的にはそれに近い感じ。

この借家のオーナー、家主の方とは仕事を通しての知り合いなので、正式には室内の修繕(室内のあちこちがボロい)が終わる九月から家賃を払い住む事になるのだが、僕たちがよければその前のいつからでも引っ越してきていいよとの事なので、おそらく早ければあと数週間で引っ越す事になる。そんなわけで現在住むビガーの家を売りに出す準備と、引っ越し先の一軒家の室内のペンキ塗り(家主さんがいつでも自由に来てやっていいよと言ってくれている)で先週から慌ただしい。なのでしばらくブログの更新も途切れます。ちなみに今回の写真は数年前にピーブルス周辺の丘から撮影したもので今回の引越し先からの眺めではない。

| 風景 遠望 | 12:15 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

将来

raw 2017_06_28 12-100いろいろ00077

写真をクリックすると拡大します。


シアター内のカフェのマネージャー職についてもうすぐ五年になるが、毎年少しづつ仕事もうまくこなせるようになり、売り上げも上々でいいスタッフも集まり自分の休暇も取りやすい環境が整ってきた。これまであと数年このマネージャー職をやっていつかは独立して自分のカフェを始めようかと漠然とした考えを持っていたが、具体的にどこでどうやってと考えると何も具体的なことは思い浮かばずにいた。

日々仕事をこなして帰宅して、時々休暇をとってと繰り返しているうちにすっかりこの生活パターンが身についてしまい、どんな日でも職場に朝着くとほとんど勝手に体が動き、どんな状況でもさほどストレスも感じず一日の仕事をこなせるようになった。やっと余裕ができたということだと思う。そこまでなるのに五年かかったことを考えると、ここまでやってきて積み立てたものを捨てて、新しい仕事を探すのが無意味であることに気がついた。

積み立てたものの中で一番大きな財産だと思うのはカフェのカウンター越しに知り合った人々とのつながりだと思う。五年間毎日いろんな人と顔を合わせているとほぼすべての地元客とは顔見知りになる。はじめは苦手に感じていたタイプの人でも何度も接して話すうちに打ち解けてしまうこともこの五年間で学んだ。元来内向的な性格の自分なので、そういうことはこの仕事をしないと学べなかったことだと思う。またシアター内のカフェという立場も朝から夜まで常にいろんな教室やショーや展示会などが行われ、カフェの客以外の人も多く出入りしていてこの仕事だけの特別な環境で面白い。

この数週間そういったことを考えているうちに、この仕事をできる限り長く続けたいという決心がついた。上司であるシアターの館長にそのことを話すと喜んでくれたようだった。この上司である女性の館長と僕との関係の良さもこの仕事を続けたい理由の一つである。彼女はとても気が強くやや理不尽に人にあたることもあるが、有能で芯が通っていて頼れるボスである。そもそも彼女がスコットランドにやってきたばかりの僕を、シアターのボランティア員として拾ってくれたことから今に繋がっているので恩も感じている。

ここまで行きあたりばったりで過ごしてきたが、この仕事を続けよう決心したことで、これまで漠然としていた将来についても、もう少し具体的にプランを立てられるようになったと思う。

| 風景 自然 | 19:13 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

raw 2017_06_11 12-100test200025

写真をクリックすると拡大します。


乗馬をする人はこの地域に多く、いまの季節あちこちの街で祭りが行われて乗馬のパレードなども行われるので馬たちはブラッシングされて出番を待っている。

| 動物 | 17:55 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ドジバッジ

raw 2017_06_14 dawyck00021

写真をクリックすると拡大します。


猫のバッジ(あだ名、正式名称はHeidi Badger)を飼い始めて半年になるが、彼女は猫のくせに運動神経ゼロで庭に出かけるようになってからも小動物を捕まえたことなど一度もない。いつもどこかぎこちなくノソノソと歩いては昼寝ばかりしている。まだ4歳なのに老猫のようである。飼い主に似ているのかもしれない。。抱っこされるのが嫌いでそれほどフレンドリーな猫ではないが、引っ掻いたりすることもない穏やかな性格なので愛嬌はある。

バッジは何をやってもドジな猫で、時々トイレで大をおこなったあと、セミロングの毛も災いして、お尻の周りにう◯こがひっついてしまうことがあり、そのまま我々のソファなどに座ってもらっては迷惑なので、ティッシュでお尻を拭いてあげないといけない。昨日は我々の夕食中にこれ見よがしにトイレに入り事におよんだのだが、大失敗をしておしりのあちこちを盛大に汚してトイレから出てきた。

僕も嫁さんも慌てて食事を中断し、ティッシュを片手に彼女を追いかけまわした。本人が嫌がって逃げ回るので半分くらい綺麗になったところで諦めた。普段は毎晩好き勝手にいろんな場所で寝るくせに、その夜に限って我々にぴったりと寄り添って寝たので臭くて辟易した。そんなドジバッジだが可愛いやつである。

| 動物 | 01:37 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。