≫ EDIT

HOME TOWN

raw2017_03_27 badge etc00099

写真をクリックすると拡大します。

前回の橋を別な角度から見た様子。梅の花がだいぶ開いてきた。引っ越してもうすぐ一年。新しい風景にもだいぶ馴染んできた。

| 風景 街並・建造物など | 02:58 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

小さな町の小さな橋

raw2017_03_20 North Berwick00009

写真をクリックすると拡大します。


やっている本人でさえ存在を忘れ気味なこのブログだが気がつくと既に四、五年続いている。このブログを始める以前スコットランドに引っ越したばかりの頃にも別なタイトルで1年くらいブログをやってみたのだが、このブログのデザインはその時のテンプレートをそのまま使っている。なので七、八年前くらい前のデザインで、現在の高画素化されたモニターやタブレット端末の画面で見ると時代遅れな感じになってきた気がする。

特に記事内の写真の画像サイズを現在の横幅480ピクセルよりももっと大きく見やすくしたいのだが、そうするにはテンプレートの仕様も変えないといけないようで、ブログを始めた時にテンプレートを細かくマイナーチェンジをした記憶があるのだが、具体的に何をやったのか全然覚えてない。再びデザイン変更する時間も気力もないので当分このままの仕様で続けるしかないかなと思う。高画質なタブレットで見た際に、記事内の写真がモヤッとした感じになるのが写真ブログとしては不満なのだが。。

写真の橋は自宅前の坂道を20メートルほど下った場所に流れる可愛い小川をまたぐ橋。ずっと昔からこのままの形で存在しているようで、昔の街の写真集で見てみると百年くらい前も手すりの鉄棒の曲がり具合までまったく同じ感じなのだった。橋の横にはよく手入れされた花壇があってその隣には戦没者の慰霊塔がある。戦没者の慰霊塔は各町にあって、第一次、第二次大戦で亡くなった方々を供養している。

| 風景 街並・建造物など | 06:20 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

海と虹

raw2017_03_20 North Berwick00081

写真をクリックすると拡大します。


休みの日嫁さんと二人で久々に海を見てきた。とても風の強い日で通り雨が通り過ぎると海の上に虹が出ていた。

| 風景 自然 | 02:32 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ポーズ

raw2017_02_18cats s drops00108

写真をクリックすると拡大します。


ネコが家にやってきて二ヶ月。大人しい性格はそのままだが家にはすっかり慣れた様子。少しずつ庭にも出して野外にも慣れるようにしている。だがこれまで四年間室内ネコとして育ってきたので、外の世界はまだ恐いようで、鳥の鳴き声を聞いただけで慌てて一目散に部屋に戻ってくるのが可笑しい。恐いながらも興味はあるようでトカゲのように地面に張り付きながら一歩一歩恐る恐る歩く様子もまた楽しい。この様子だと庭より外にはあまり出なさそうで、交通量の多い道路には行くこともなさそうなので安心。

フルネームはハイジバッジャーと名付けたが、普段は愛称でバッジと呼んでいる。バッジは室内ではすっかり安心しきっていて、ヘンテコなポーズをとったりして面白い。

raw2017_02_18cats s drops00049

尻尾の点検中?


raw2017_02_18cats s drops00070

何かの体操??

| 動物 | 05:28 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

一日の詳細

raw2017_02_18cats s drops00261

写真をクリックすると拡大します。


職場のシアター内のカフェでのシフトは僕が作っているので、休みを取ろうと思えば取れるのだが忙しい日は休まないようにしている。昨日(土曜日)はそんな忙しい日だったのだが、前日に夜勤(シアターで夜にライブなどがあるときはバーとして開いている)もやって十二時間働いたので、午後三時を目標に早めに切り上げることに決めた。朝八時半からバタバタと動き回り、日曜月曜の僕の休み期間中にやるべきことを慌ただしくスタッフに伝え三時ジャストになんとか仕事を終えた。

髪がボサボサになったので職場の近くにある床屋に駆け込み髪を切った。この床屋はカメラクラブで知り合った人がやっている店で、十五分単位でネット予約ができるので、待つ時間もなく僕のように散髪などはなるべく短時間で済ませたい男にとってはいい店。これまでオーナーのスティービーが一人でやっていたのだが、最近もう一人ロクサーヌという女性のスタッフを雇ったらしく、その日は彼女に散髪してもらった。スティービーとはカメラの話をいつもしてるのだが、ロクサーヌは写真に興味はないので日本の食べ物について話をした。YOUTUBEで昆虫のフライの串刺しとか見たらしく、そんなもの食べないよ、それどこか他の国じゃないの?みたいな話をしてるうちに散髪終了。

未だ陽が明るいので久々に写真を撮ろうと思い、帰宅途中にあちらこちらに咲き出したスノードロップを日没前の最後の光で三十分ほど撮影した。家に帰り、洗濯をしてシャワーを浴びてワインを飲みつつ晩御飯を作った。普段は嫁さんが八割がた料理をするのだが、この日は嫁さんの方が遅く帰宅するので僕の数少ないメニューの一つチャーハンを作ることにした。

晩御飯を食べ終わり、しばらくリビングでゴロゴロしていたが、暖炉の火が暖かすぎて睡魔がやってきた。まだ寝るには早すぎたので二階のパソコンに向かい、その日に撮ったスノードロップの写真を含む過去数カ月間に撮った猫のスナップが半数のランダムな写真ファイルをパソコンで編集した。まだ小腹がすいていたので台所で中華マーケットで購入した乾麺を使ってオリジナルラーメンを作って食べた。オイスターソース、酒、しょうゆ、ダシの素などを適当に混ぜてスープにしたのだがいつもどおり不満足な出来だった。とりあえず胃袋を満足させてリビングでウダウダしているうちに眠くなってきて夜十二時に眠りについた。

毎日自分でも何やっているのか記憶に残らない日々なのだが、こうして書き連ねてみると普通の生活をしているのだなと納得。


| 草花 | 22:02 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT