PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

Let it go

2018_07_0400086.jpg

写真をクリックすると拡大します。


異国での日々の生活も数年もすればそれが日常となり、毎日は日本に住んでいた時と同じようないい日もあればそうでもない日の繰り返しとなる。目覚めの良い朝や酔いの回った深夜などに時折、遠い昔のことを思い出して、あの時もしこの出来事が起こっていなければ、今の自分は異なる場所でどんなことをやっていたのだろうか、と考えるがそんなことは分かるすべもない。

村上春樹の小説か何かで、「人生はピンボールの玉みたいだ、ほんのわずかな違いが大いに異なる結果につながる。」という言葉を読んで頭に残っている。一寸先は闇、知らぬが仏、いろんな言い方があるが自分のコントロールできる物事の範囲は限られていて、限られた条件の中でその時々最善と思える決断をしてあとは天に運を任せるしかない。

元来自分の性格は執着心の強い方で、それが良い方向に働けば粘り強く物事を成し遂げることにつながるが、悪い方に働くと、小さなことにつまずきいつまでもクヨクヨすることになる。自分ではどうにもならないことへの執着心を捨てること、英語で言うLet it goの心境に近づいていきたいなと40代も半ばになり思う最近である。

| 草花 | 03:46 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT