PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

オプション

2018_07_2500065.jpg

写真をクリックすると拡大します。


写真は先日麦畑を撮影した時の一枚。この時はカラカラに乾いていつになったら雨が降るのかしらん、、と思っていたが、土曜日曜と実に久しぶりの雨が降り続き、雨不足の心配はとりあえずなくなった。雨がしとしと降る天気は眠気も誘発するようで、昨日は10時間近くぐっすりと眠れた。

現在所有しているレンズの中で、オリンパスの12-100mmとNokton25mmはそれぞれいいレンズなのだがマイクロフォーサーズのレンズとしてはかなり重い。小さく軽いのがマイクロフォーサーズの利点なので本末転倒な感じもある。そこで代用品はないかとネットを見ていると中華製の7Artisansという新興メーカーから25mmF1.8のマニュアルレンズが出されているのを見つけた。

一段分暗いが、重量は140グラムとNoktonの三分の一程度で、しかも最短撮影距離は18cmでNoktonと同程度である。マクロ的にも使えそうだ。値段は50ポンド程度でやたらと安い。絞り羽根が十二枚もあるので絞っても綺麗な丸いボケが出そうだ。レビューを見ても好意的なものが多い。何せ軽いレンズなので気軽にオプションとしていつでも持ち歩けそうである。中国のメーカーは他のブランドには出せないような怪しげだが個性が強い魅力的なレンズを出してくるので侮れない。。うーん買ってしまいそうだ。

| 風景 自然 | 04:30 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT