PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

レンズは天下の回りもの

2018_08_0100052.jpg

写真をクリックすると拡大します。


レンズなどのカメラ用品は中古品で買うことが多くeBayを利用することが多い。日常のあらゆる細々した用品なども探せばニッチなものまで見つかるので便利だ。日本だとヤフオクだがこちらは断然eBayが有名。eBayの国際手配サービスを利用して国外にも売ることができるのもいい。こんなもの買い手がいるのだろうかというマニアックなアイテムでも世界にはそれが欲しいという人がいるのである。

今年の春先にeBayで購入した中華製の50mmF1.1のレンズはしばらく使ったのち処分することになり、先月eBayに出品した。こんなニッチなレンズ買い手がいるのだろうかと思ったが、アップして数日のうちにフランスから買い手があった。今朝配送したレンズはスウェーデン人が購入した。

オークションで出品すると場合によっては期待したよりずっと安値で売れてしまうことがあるので、カメラレンズなどでしかもそれほどの人気商品でない場合、オークション形式にするよりも即決価格のみで売った方がいい。アイテムの写真をきっちりとって商品の具合を正直に説明し、欲張りすぎない価格に設定するのがキモらしい。あとは気長に待てば買った時よりも高く売れてしまうこともある。eBayとPayPalに手数料を支払うので売り買いするたびに、ある程度のお金を失うことにはなるが、それだけのお金でいろんなレンズを使えると考えれば悪くはない。これまで僕に使われ去っていった多くのカメラやレンズたちは今もどこかで誰かの役に立っているはずである。

| 草花 | 01:31 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT